30年も引きこもっている人には社会復帰なんて不可能

家族3人暮らし
これだけ見れば何てことない家族にしか見えないが、
両親が70歳くらいで30年引きこもりの44歳長男がいる家

ひきこもり30年44歳 小遣い6万の是非

この記事が事実だとしてだが・・・

このケースは親も親だなとは思う(^_^;)
FPが提案した解決方法も、根本的な解決にはなっていない
だが時間稼ぎは出来るし、現時点では税金などに頼ってもいないので問題はない
それに、とりあえずはこの方法しかないというのもある

ハッキリ言ってしまえば、引きこもりに対して根本的解決方法なんてない
解決方法があれば、今までにも似たようなケースは沢山あるのだから、問題になってないだろう
事実、色んな所が支援したりしているが、解決には至ってない
たまに、成功例が上げられたりするが、そんなものはホントに極々一部の例外だ

引きこもりは現代特有の存在
今は最悪でも食っていける社会
昔のように狩猟や農耕社会なら、こういう人間は生きられない
でも、現代は生活保障のもと、どのような存在であろうが生きていける
だが、皮肉にもこの最悪でも食っていける社会が問題を解決できないようにしている
いや、どの時代であっても解決なんか無理かもね
狩猟、農耕社会とかじゃ、存在したとしてもただ死ぬだけだし(^_^;)

残念だがどうしようもない
何にも経験がないのに働くなんて無理だろう
そんな体力も気力ないだろうし、会社でコミュニケーションが取れるとも思えない
結局は誰かの慈悲(税金による救済)にすがるしかない

大体、自分も今から週5日働けと言われたら、すぐには無理だろうし・・・
でも、カネがなくなれば何だかんだ言って働く気はするけどね(^_^;)

このケースだと、親が死んだら犯罪者コースか生活保護コースしかない
親が死んでも死体放置で年金詐欺とか、病気ってことにして生活保護とかね
生活保護なら、これからも彼は引き込もれるだろう
ただし、彼の生活費の財源は皆さんの税金である

断言できるが、犠牲も伴わずに解決なんて絶対不可能
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


この記事へのコメント

  • 矢野にいと

    愚か者さんの記事、大変勉強になります。
    「他人の釜の飯」を食たことがある自分としては、苦労しなくて済むのであれば、やさしい親御さんのもとでぬくぬくと暮らせるのは幸せであると思います。
    「彼の生活費の財源は皆さんの税金である」とのことですが、まーここは助け合いで、こんな30年ひきこもりを養ってあげればよろしいかと思います。
    2017年07月17日 22:00
  • 引きこもり

    「山奥に住み、株価が底値になるとお金を詰めたリュックを背負って山を下り、大量の株を買って帰る。
    そして相場が天井近くになると株を売りに行き、大金を手にして帰っていく。
    そんな引きこもり投資家がいるそうです」
    カリフォルニアの山中に住み、3日前の株価しか知らないのに
    どうしてそんな離れた場所で
    マーケットの動きを追っているのか尋ねると、「私は投機が本職ですから、混沌とした状況で
    小さな変動に心を乱され続けていたら失敗するでしょう。だから冷静でいられるよう、相場から離れた場所にいたいのです」という答えだった。引きこもりで大富豪に(^_^;)

     



     
    2017年07月17日 23:17
  • 見知らぬ男

    これ、ほんとうにそう思います。
    なまじ、両親に経済力があって、子供がダメになっている現実を見たくないから、ずるずると問題を先送りしてしまったのでしょう。
    長男が働くことは出来ないでしょう。
    27年間労働経験がない人が働くなんて無理です。
    両親がなくなったら、生活保護しかないでしょう。
    今後、日本はこういう人が増えていくのでしょうね。
    2017年07月19日 05:00