ちゃんとトイレは水洗です

昨日インフラが電気だけだと書いたところ、
トイレも汲み取り式ですか?と書かれてました

トイレは水洗です
今時、汲み取り式のトイレなんて住めませんよ(^_^;)

流れた汚水や汚物は、浄化槽に流れ込み、微生物によって分解されるのですが、一部は汚泥として浄化槽内に溜まります
(浄化槽は小さい下水処理場と考えて頂ければいいです)

溜まった汚泥は年に一度汲み取ります
微生物によって分解された汚泥なので、酷い臭いはしないです
もしするようなら、浄化槽内の環境が良くない証拠です

まあ、分解された汚泥とは言え、汲み取っているのは確かです(^_^;)
ただ、一般的に想像されている汲み取りトイレとは違います
下水処理場併設型住宅とでも呼んでください(`・ω・´ )キリッ

ちなみに、今の合併浄化槽は日本の偉大な技術の一つです
今は排水処理が未発達な東南アジアなどにも展開されてるそうです


さて、関東とは言え、地方では下水道は完全には普及してません
私の家の周辺は浄化槽ばかりです
ただ、少し駅に近くなると、下水が来ています

排水に掛かるコストに関しては、検査料金も含め年間数万円くらいです
他にも、井戸ポンプや浄化槽のブロワーも、いずれは交換が必要なので、その分コストが掛かります
正直、あまり安いとは言えないと思います
まあ、風呂が大好きな自分は、水を沢山使いがちなので、水道料金が掛からない井戸水と、いくら流しても料金自体は一定の浄化槽の組み合わせは良いと思ってます
(厳密には、井戸ポンプの電気代と浄化槽のブロワーの電気代が掛かってる)

でも、出来ることなら、電気、都市ガス、水道、下水のインフラはあった方がいいです
便利に越したことはありません
私も、当然そう思ってます
でも、まあ贅沢は言うまい(^_^;)
大体、ウチの物件は築4年で480万円という格安物件だった
買った当時は2010年の秋が深まった頃
2010年はリーマンショック後の大不況の真っ只中で、安い物件がたくさんあった

今の経済状況ならもっと良い物件を選んだかもしれないが、当時としては良い選択だった
都市みたいなインフラは整ってないが、基本的な生活に支障はない
ネットも光回線が来ていた
それに贅沢を言えばキリがない

安い物件なんかに完璧なモノなどありません
駅が近かったり、インフラが整っている物件は、当然価格が高くなります
そんな物件を選べるのなら良いのですが、
安い物件しか選べない場合、妥協できる部分は妥協することも必要です
そうでないと、いつまで経っても決められません

リタイアのために家を探す場合、仕事を辞める前から探された方がいいです
(カネに余裕のある方は別です)
私の場合、レオパレスの短期プランで生活しながら探してたのですが、
早く見つけなきゃと焦っていましたから(^_^;)
結果的には運良く今の物件にたどり着けましたが、絶対オススメ出来ません
必ず、余裕を持って探された方がいいです

浄化槽を考えた人はホント凄い
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


この記事へのコメント

  • 和尚

    日本製の浄化槽が途上国へ輸出されているんですね~
    これは、メーカーの株を買わねば!
    2017年04月22日 06:11