クローズアップ現代 名門企業東芝はどこへ を見て

今日は真面目な話

東芝の決算は注目してました
注目してたのは内容ではなく出せるのかどうかの方ですが(^_^;)

結局、監査法人からの適正意見はなく、意見不表明での発表
それにしても、債務超過6000億以上ですか・・・
そこまで損失出しても耐えられるんだから、ある意味大した企業ですね(^_^;)
今回、半導体事業を売るのは確実でしょうが、
一番の高値を付けた企業に売るのもアリだとは思います
(まあ、ホンハイの場合は本当に出すのかどうかを見極めなければなりませんが)

個人的には技術流出は大した問題ではないと思ってます
(もちろん、無いに越したことはない)
大体、諸外国の企業と比べて突出した技術であるわけではない
韓国とかアメリカにも同様のクラスの企業がある
それに、栄枯盛衰が激しい事業
ちょっとした遅れや何かで、「あっという間に赤字事業に」なんてことだってあるでしょう
だから、高い内に売れるならそれもアリだと思います

これからどんな事業で稼ぐにしても、
もう今の従業員数を維持し続けることは無理だと思います
超大企業から、普通の大企業への転換が必要です
もう体面なんて気にしてる場合ではありません
上場廃止もやむ得ないでしょう
どうせ東証2部だし、もういいじゃん(^_^;)

それにしても、ショックだったのはアメリカに出向した日本人社員が馬鹿にされていたという証言
やはり、アメリカ人からすれば日本人は所詮ジャップなのかもしれません
ユナイテッド航空でのアジア人引きずり下ろしの件でも思いましたが、
そういう差別意識は根深いものがあるのでしょうね

いつか白人が差別される側になった時、どう思うのでしょうかね
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


この記事へのコメント